FC2ブログ

チャン・グンソク・アジアのプリンスの威厳

こちらは韓国記事です。

最近は流れが変わって来ました。
ドラマは酷評ですが、ソギは絶賛されています。

それはそれで好ましいんですが・・・
ドラマももうちょっと何とかならないと!





      「チャン・グンソクを活かしきれない'愛の雨’」

  1


'愛の雨'はなぜチャン・グンソクを活用できないのか。
KBS 2TV月火ミニシリーズ'愛の雨'(脚本オ・スヨン・演出ユン・ソクホ)が5%序盤台視聴率を抜け出すことができない中で、回を繰り返すほど釈然としない設定が続くと、視聴者の非難が続いている。

7日放送でジュン(チャン・グンソク)とハナ(ユナ)の前に突然暴力団が登場するかと思えば、8日放送では分かってみるとジュンのお父さんイナ(チョン・ジニョン)がジュンとハナの関係を知っていたことで終えた。

ジュンとハナが各々お父さんイナとお母さんユンヒ(イ・ミスク)の成し遂げられない愛を応援するために自身の愛をあきらめた状況で理解し難い設定だった。 イナがユンヒと結婚を推進するために息子が愛のために苦しむ事実を知らない振りをしたという話であるためだ。

視聴者掲示板はとんでもない設定に意見が交錯している。 "15回予告篇を見て本当に度が過ぎるという気がしますね。 お父さんの利己的な考えで息子が好きな人を諦めさせて、自身の利益を考えるか。 今の息子と娘にお互いを繋いてくれるのが合いませんか?"(ID rrXXX) "ある程度理解が出来る。 ジュンがハナに両親のことを簡単に話せなかったように子供たちのことを知ることになれば大変がるユンヒが心配で、イナもとてもユンヒに息子とハナのことをいうのが容易でないことを理解しましょう。"(ID odXXX)

もちろんジュンとハナの切ない愛を強調するための設定だと考えることもできる。 だが、30年間初恋を忘れることができないほど最高に純真なお父さんが、息子に対する愛情がその程度のものなのかということを理解する視聴者は多くない。 しかも1970年代イナが持っていた純粋な姿を思い出させても反転というにはごり押し設定で見なされる。 かえって自分の他には知らないことで設定されていた2012年ジュンがお父さんのために自身の愛を犠牲にするという展開は、やはり序盤にドラマが持っていた芸術性まで粗捜しする事にならないかとの指摘も出ている。

それでもチャン・グンソクの演技力が新しい視聴者層を作り出している。 ID hyXXXは"私は本当にチャン・グンソクという俳優ア~~そのまま飛ぶ俳優~~程度で分かりました"として" '愛の雨'を見ながら感じた点…チャン・グンソクは俳優合うんだね~宝石だな~~演技が上手だよ"と書くといった具合だ。

だが、ごり押し設定が続くならばチャン・グンソクという俳優をまともに'活用'できないわけだ。 単純に韓流スターとしてチャン・グンソクを起用したのではないならば、可能性ある展開をしなければならないという声が高い。

(出処:http://sports.hankooki.com/lpage/entv/201205/sp2012051108024694350.htm)




本当にね・・・。
雑な作りになって来てしまっている事は一目瞭然。
あちらの記者も同じことを感じているのでしょう。

ソギの実力が活かしきれない・・・。
無念です。





      
          「<愛の雨>、アジア プリンスの威厳」



五行要約

“今日いよいよ4名がみな会った。”イナ(チョン・ジニョン)が用意した席にユンヒ(イ・ミスク),ハナ(ユナ),ジュン(チャン・グンソク)が皆集まった。 ユンヒと結婚することにしたというイナの話にハナは家族になろうというがジュンはこれを受け入れることはできない。 テソン(キム・ヨングァン)のリゾートでランチングショーをヨン・ヘジョン(ユ・ヘリ)によりジュンとハナはまた会うことになって、これを見たヘジョンは自身にこっそりと4人で交流していることと誤解する。 ハナに向かう心をなかなか整理できないジュンがイナにこれを告白しようとするとすぐにイナは知っていると答える。


Best or Worst

Best:<愛の雨>には揺るがない二つの物がある。 一つはイナとユンヒの愛をハナとジュンのそれと劣らず重く扱う粘り強さだ。 また、もう一つは‘男の愛’に対するドラマといっても良いこのドラマで最も重要な任務を与えられて忠実に自らの役割をやり遂げているチャン・グンソクの演技だ。

前者の場合、両親大義愛と悪縁のようにからまった子供大義愛を通じて葛藤を誘発する<愛の雨>の特性上、どうしても必要だという観点とこれを認めても多少過剰な比重で描かれているという見解が衝突する。
だが、過去のイナと今のジュンを演技するチャン・グンソクは演出と台本だけでは100%理解し支持し難いこのドラマに一抹の説得力を付与する。

初めて愛を感じた女と兄弟姉妹にならなければならない、ハーレクイーン ロマンスのような設定も、受け入れることができないと同時に受け入れるほかはない現実に絶望するジュンの表情を通じて切ないということを獲得する。
平行宇宙のような<愛の雨>の世界で最も多い人物らとからまるチャン・グンソクはドラマ中にずっとブラウン管に登場するが一場面も軽く流さない。 4者対面や5者対面が頻繁に出てきてさらに恋敵に水を浴びせるクルリセまで落とさなかった昨日の放送でもそうした。 やむを得ず愛を置くほかはない男の顔、お母さんの傷が不憫でお父さんに愛憎を持つ息子の顔を見せたチャン・グンソクの演技がむなしい話の密度を満たしてくれた。 今後が簡単に予想されるだけでなくそれほど魅力的でもない話さえもずっと見るようにさせる力、これがアジア プリンスの威厳なのか!

(出処:http://10.asiae.co.kr/Articles/new_view.htm?sec=news2&a_id=2012050907380030063)



>チャン・グンソクは演出と台本だけでは100%理解し支持し難いこのドラマに一抹の説得力を付与する。
>チャン・グンソクはドラマ中にずっとブラウン管に登場するが一場面も軽く流さない。


はい!まさにその通りでございます

記者さん、ありがとう♪





ドラマに黄色信号が点滅している昨今。
だけど・・・こんな記事も出ています。


大金で「売れた」事実よりも質が問われると思うんですけど^^:






     「「ラブレイン」アジア・欧州・米州など海外12地域に輸出」


KBS月火ドラマ「ラブレイン」の作品性が、海外でも認められている。

放送が始まる前から、日本市場に韓国ドラマ史上最高額で輸出されるという底力を見せた「ラブレイン」は、現在まで日本、中国、香港、台湾、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、カンボジア、シンガポールなどアジア地域を始め、米州地域とヨーロッパを含む12の地域に輸出されるという驚くべき記録を立て、アジアを超えて世界が注目するドラマとしてその作品性を認められている。

「ラブレイン」への海外市場の熱いオファーは、早くから予見されていた。放送前に羽田空港で開かれたパネル展と制作発表会で、様々な国から集まった取材陣の熱い取材競争が繰り広げられた上、4月フランス・カンヌで開かれた世界3大コンテンツマーケットMIPTVへの韓国出展作のうち、最大の関心を集めていたためだ。

何より、ユン・ソクホ監督の手がける秀でた映像美、繊細な演技を披露しているチャン・グンソクと少女時代ユナの好演、そこに純粋な愛の感性を引き起こす叙情性にトレンディーな感覚が絶妙にあいまった、「ラブレイン」ならではの作品性が海外で評価されたのだ。

特に「ラブレイン」は、愛という世界の普遍的な価値を韓国的な感性で写しており、海外から歓迎されている点でさらに意味深い。

現在KBSワールドチャンネルを通じて海外地域にも放送されている「ラブレイン」は、現地のファンの爆発的な反応を呼んでいる。世界最大の動画サイトYouTubeには多国語で字幕を入れた「ラブレイン」の映像が高い再生数を占めており、韓国だけで放送されているにも関わらず、世界的な人気を実感させている。

「ラブレイン」の製作会社YOON'S COLORの関係者は「アジアの様々な地域を始め、米州地域やヨーロッパにまで販売されたという嬉しいニュースに、俳優たちはもちろんスタッフたちもさらに責任を持って一生懸命取り組んでいるので、さらなるご声援をお願いしたい」と伝えた。

「ラブレイン」は26日から日本のケーブルチャンネルKNTVで毎週2話、またフジテレビでも放送が予定されており、「ラブレイン」の感動と余韻が日本を皮切りに海外でも続く見通しだ。
(出処:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1942131&categoryCode=DR)





ファイティン!
スポンサーサイト

テーマ : ★韓流スター★
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

dahli

Author:dahli
FC2ブログへようこそ!


    ↑
ランキング登録しました!
ポチっと!!ご協力お願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2プロフ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード